悪質業者の特徴は? クレジットカード現金化で失敗しないために

- 悪質業者の特徴は? クレジットカード現金化で失敗しないために

悪質業者の特徴は? クレジットカード現金化で失敗しないために

クレジットカード現金化は登録や審査なしで誰でもすぐに現金を手に入れられる便利なサービスです。
しかし悪質な業者を利用してしまうと金銭面以外でも大きな損害を被ることになります。
いらない損をしないためにも、業者を探すときは口コミだけではなく、ホームページの充実具合やわかりやすさ、客を呼びたいがために誇大表現を使っていないかどうかを確認しましょう。

悪質業者を利用すると様々な損をしてしまう

残念ながら消費者金融などと比較すると悪質な業者が多い業界です。
決済をしたのにいつまでたっても現金がキャッシュバックされない、相場をかなり下回る換金率を提示され、断ると高額のキャンセル料を請求される、個人情報を闇金に流される、といった被害もありようです。
業者はくれぐれも慎重に選びましょう


悪質業者の特徴

換金率98%など誇大表現を使っている

客寄せのために誇大表現を使う業者は要注意です。
消費者はなるべく多くの現金を手にしたいので、どうしても換金率が高い業者を選びがちになります。
騙されないようにするには相場を知ることが大切です。
換金率の相場はだいたい80%前後です。
98%というのもあながちうそではありませんが、500万円以上など現金化する額が大きい場合に限ります。
換金率は取引する金額によって上下します。

ホームページにお金をかけていない

店舗を持たずにインターネット上のみで運営をしている業者の場合、消費者からの信頼を得るためにホームページは充実させているはずです。
会社概要や業者の所在地、運営者の名前がわからない、パソコン用のホームページがない、といった場合はかなり危険です。
所在地が載っていたとしても架空の住所を記入している場合もあるので実際に検索してみるといいでしょう。

急いでいても業者選びは慎重に

ただでさえお金に困っているときに悪質業者にあったってしまってはまさに泣きっ面に蜂です。
できるだけ多くの現金を手にしたいからと誇大広告につられ、実際に現金が振り込まれませんでした、となっては目も当てられません。
クレジットカード現金化の業者を探す際は、ホームページの情報や充実具合、相場からかけ離れた換金率をうたっていないかを忘れずに確認しましょう。
少しでも怪しいと思ったら絶対に利用しないでください。

ページ上に戻る