業者に任せるメリットとデメリットは?

- 業者に任せるメリットとデメリットは?

業者に任せるメリットとデメリットは?

クレジットカード現金化とは、クレジットカードで買った商品を売却することで現金を手にする行為のことです。
現金化をするには業者に依頼する方法と、自分で商品を見つけ売買する方法があります。
業者に依頼すると、自分で現金化したときよりも換金率がおとりますが、スマホから簡単に申し込めてすぐに現金が振り込まれます。

メリット

現金が振り込まれるまでが早い

すぐに現金が欲しい人は業者に依頼したほうがいいでしょう。
24時間365日いつでも利用できます。
ネットバンクを開設していると15時以降でも現金が当日中に振り込まれるのでより便利です。

スマホから申し込める

スマホさえあれば、実際に店舗におもむかなくても取引が完結します。
キャッシングをするには店舗へ行き審査を受ける手間がかかり、自分で現金化をした場合は商品選びや売買に時間がかかります。
他の方法と比べて圧倒的に手軽なのも大きな魅力です。

いつでも換金率が変わらない

現金化業者は換金率が安定しています。
自分で現金化をすると商品の相場が上下するので、取引のたびに調査が必要です。


デメリット

悪徳業者も存在する

急ぎでお金が必要だという消費者の弱みにつけこむ悪徳業者も一定数存在します。
換金率98%などと、いくらお得そうな表現を使っていても、だまされると現金が振り込まれないこともありむしろ損をしてしまいます。

自分で現金化するより換金率が低い

優良業者に依頼したときの換金率相場は80%前後です。
自分で取引するよりも得られる金額が減ってしまいますが、振込の早さと手間が省けることをふまえると必要な出費かもしれません。

業者に依頼すると早くて手軽

クレジットカードさえあれば、必要なときにすぐ現金を用意できるクレジットカード現金化。
自分で取引するか、業者に依頼するかの2パターンの方法があります。
業者に依頼すると手数料がかかりますが、スマホで簡単に申し込めて振込もスムーズです。
悪質業者には当たらないように注意しましょう。

ページ上に戻る