クレジットカードで貯まったポイントの確認方法

- クレジットカードで貯まったポイントの確認方法

クレジットカードで貯まったポイントの確認方法

オフィシャルサイトに登録して確認するのが基本

ウェブサイトのサンプル
クレジットカードのポイントはオフィシャルサイトに登録することで確認が簡単になります。
これはカードの発行とメールアドレスなどの連携が別々な場合が多いからで、利用情報が紐づいていないこともあるからです。
多くの場合はカード会員専用のログインページを用意しているため、新たに利用者情報を登録しておくと確認が簡単になります。
オフィシャルサイトであれば今ポイントがどの程度あるか、今後どの程度付加されるかが確認できる場合が多くなっています。
また、キャンペーンなどの情報も連動しているため、より多くポイントを貯めるためにもチェックしておくのがおすすめです。

買い物時に表示されるカードも多い

ポイントがインターネットショッピングやチケットの予約に利用できる場合は、買い物時にポイントが表示されることが多いのも特徴です。
買い物時にポイントが表示されていない場合は、利用者情報が登録されていないか、指定サイトにログインしていないという可能性が出てきます。
常にポイントが表示されていた方がショッピングのハードルが下がるため、それだけ消費意欲が高まることが多いのです。
ただし、グループ企業や提携企業のポイントの場合は、会計時でなければ表示されないこともあります。
ショッピングサイトによっても違いが出るため、ヘルプページなどで確認してみるのも方法です。

会計時のレシートに印字されている場合も

レシート
カードの中にはコンビニや街中のショッピングで利用ができ、ポイントもレシートで確認できる場合があります。
レシートに情報が印字されている場合はお店で使える可能性が高いため、日々の買い物に利用してしまうのも方法です。
また、ポイント期限があるものはレジで表示されることも多いため、気になった場合はポイントから優先して使うのもおすすめです。
レシートへの印字は必ず行われるとは限らず、カードと利用店舗による差も存在します。
カードによって異なることに理解が必要です。

ポイント期限と、交換には注意が必要

ポイントには期間限定の物だけでなく、永久不滅のポイントなど様々な種類があります。
ポイントを他社サービスのポイントにかえられるものも存在するため、使い勝手が悪ければより使いやすい物に変えてしまう方法もあります。
還元率が高いお店で買い物をして、より使いやすいポイントにかえていくのも一つのテクニックになっているのです。
ただし、ポイントの変換は交換は専用ログインページから出なければ申し込めない場合が多くなっています。
また、ポインのキャッシュバックを行えるクレジットカード等も誕生しています。

関連記事:

ページ上に戻る