クレジットカードでよく見るポイントの仕組みを解説!

- クレジットカードでよく見るポイントの仕組みを解説!

クレジットカードでよく見るポイントの仕組みを解説!

ポイントがつくのは返しきれない人も出てくるから

クレジットカードを利用していると、どうしてポイントがつくのか、どのように使えばいいのか戸惑う場合があります。
カードを利用していてポイントがつく仕組みは単純で、クレジットカードを利用した人の一定割合は返しきれずにキャッシングなどを使うことがあるからです。
公共料金の支払いなどでポイントが還元されるのも、リボ払いやキャッシングなどの支払いの変更などで収益を上げることが可能なためです。
割に合わないとカード会社が判断した場合はポイントがつかなくなります。
そのため、カードと利用する場所によってポイントの還元率が変わってくることを理解し、使い分ける必要があるのです。

自社サービスに囲い込むためにポイントを付与することも

card-gazo
カード会社はグループや他企業と提携することが一般的で、よりお得なサービスを提供することで利用者の獲得を目指します。
提携企業や自社サービスなどで利益が上がれば、カードの金利以外でも利益が出ることになります。


そのため、自社サービスやグループ企業、提携企業でのカードを利用した場合は還元率が高くなることが多いのです。
消費者金融であってもTポイントなどの提携企業が多いグループに入れば、収益を増やすチャンスになります。
ポイントはグループ全体で利益を上げる事につながるのです。

全額をポイントで支払いきれない場合も多い

ポイントは一般的にカードの利用が多ければ多いほどたまっていきます。
しかし、ポイントがたまるのは高くても利用額の1パーセント程度で、特定の条件を満たせば多少増減する程度です。
そのため、利用額が少なければ全額をポイントで賄うことが出来なくなります。
一部だけでもポイントを使って商品を購入してもられば利益が出ることも多いのです。
お金を使って貰えばそれだけその人がお金を借りる確率が高まるという発想のため、積極的にお金を使ってもらうために導入している部分もあります。

ポイントには期限があることも多い

カードのポイントは提携店舗やサービスで使えることが多く、コンビニなどの支払いに活用できる場合もあります。
どんなポイントがたまり、どこで使えるかはカードによって変わります。
一方でポイントは永久不滅の物だけでなく、一定期間が過ぎると消滅してしまうものもあります。
ポイントが消えるともったいないと考える人はそれだけ買い物をすることになり、グループ全体の利益になりやすくなるのです。
また、期間がある事を忘れて消滅していくポイント一定割合で発生するため、ポイント発行分よりも消費は少なくなります。
消費者の利便性を考えてポイント還元率を抑えて消滅しないポイントを付与するカード会社もあるため、特徴に合わせて選ぶのもおすすめです。

関連記事:

ページ上に戻る